ストリートビューとは

Googleストリートビューとは

全方位360°の世界地図を作りたい」という想いで生まれたGoogle社のサービスです。
パソコンやスマートフォンなどから同社の地図アプリGoogleマップを利用することで世界中を360°パノラマ写真で閲覧できます。


2007年 アメリカでサービス開始
2008年 日本、フランス、イタリア、オーストラリアでサービス開始
2011年 技術を利用し屋内向けの「Googleインドアビュー」をサービス開始
2012年 日本国内において屋内向けを「Googleお店フォト」の名称でサービス開始
2015年 「Googleストリートビュー」に名称の統合
2017年 サービス開始10周年 世界83カ国、1600万kmにものぼるバーチャルマップが公開されている

お客様により良いWebサービスの提供

「予約したいけど、店内の雰囲気はどんな感じか知りたい」
「あのお店に行ってみたいけど、一人じゃ不安」

そのようなお客様の声にお応えできるのがGoogleストリートビューの屋内版です。
Google社が世界中で提供している公式なサービスで、以前は「お店フォト」や「インドアビュー」で知られていました。

近年VR(バーチャルリアリティ)としてさらに注目を集め、従来のホームページに加え店舗や施設、敷地内など様々な場所を事前にリサーチしてから訪れる方が急増しています。

cafe DARRENT様(会津若松市)

ランニングコスト0円

Googleストリートビューのメリットの一つであるランニングコスト。
費用は初回撮影料(編集費含む)のみで掲載は無料!なぜならGoogleサービスだからです。

福島トヨペット会津一箕町店様(会津若松市)

導入による効果


Google社の公式データによると、ストリートビューを導入することで、リスティング(文字)のみと比べて関心が約2倍になるとしています。
また、外国人観光客の多くの方は、日本の観光地や店舗をインターネットで検索しています。文字だけじゃなく視覚的に伝えることで、「そこへ行ってみたいという」という行動にもつながります。

野口英世記念館様(猪苗代町)

Google検索やGoogleマップの検索結果に表示されるだけではなく、自社ウェブサイトにも埋め込み可能なサービスです。
よってサーチエンジン(キーワード検索)・マップエンジン(地図検索)の双方向に露出ができ、より多くのユーザーの目に留まりやすくなります。

導入までの流れ


※1 掲載にはGoogleマイビジネス(無料)への登録が必要となります。
※2 撮影は10ポイント1時間~ フロアの広さや撮影ポイント数により異なります。
※3 編集からGoogleによる掲載審査まで20日前後かかります。


業種・業態問わず人気のサービス

飲食店・美容室・ホテル・旅館・日帰り温泉施設・結婚式場・斎場・大学・専門学校・学習塾・各種スクール・ 病院・医院・整体院・整骨院・鍼灸院・マッサージ店・エステ・介護施設・老人ホーム・自動車ディーラー・ 中古車販売・カー用品店・家具販売・雑貨販売・リサイクルショップ・ブティック・メガネ店・モデルハウス・ 住宅ショールーム・パチンコ店・ライブハウス・ゴルフ練習場・ 各種オフィス(不動産・建築事務所等) 各種観光施設(資料館・博物館等) 各種文化施設(劇場・ホール・美術館等) 各種商業施設(アウトレットモール・駅ビル・サービスエリア等) (順不同)